私の思考の備忘録

思ったことを書く練習のブログです。

情報に払う値段

有料のニュースサイトが増えてきたと思います。というより定着してきたのでしょうか。

情報商材、メルマガ、ときて、ニュースサイトの過去記事閲覧という順番に有料化の波がきたように感じています。

大学時代に司書の授業で、有料検索データベースサービス、研究での有料学術雑誌の閲覧などで専門的な記事は有料なものが多いという認識はありました。

これは払ってもいいという人が増えてビジネスととして成り立つようになったということなんでしょうか?

 

インターネットの世界は特に玉石混交です。

有料化の波でデジタルディバイドが更に広がる気配をみせるなか、どのように見極めて対価を払っていくかがかなり重要になってきますね。